ESTA Kosten

ESTA (エスタ)手数料

アメリカ国土安全保障省は、2022年5月にESTA (エスタ)料金を14ドルから21ドルに引き上げることを承認しました。いざ免除プログラムに参加している国からの旅行者は、ESTA (エスタ)申請のためにこの費用を支払う必要があります。

ESTA

アメリカ入国許可証!

ESTA (エスタ)の費用はいくらですか。

ESTA (エスタ)申請にかかる21ドルの費用は、次の2つの部分で構成されています。

  • 手数料
  • 承認手数料

ESTA (エスタ)はアメリカドルで支払う必要がありますか。

これはアメリカ当局ですが、手数料は必ずしもアメリカドルで支払う必要はありませんが、円で支払うこともできます。価格は現在の為替レートによって異なります。

esta-online.jpでESTA (エスタ)申請を提出すると、全ての料金を円で支払うことができます。

なぜ esta-online.jp で追加料金を支払わなければならないのですか。

esta-online.jp でESTA (エスタ)を申請すると、安全なだけでなく、多くの利点があります。申請書は分かり安いので、入力に迷うことはありません。

さらに、 esta-online.jp のアメリカの専門家は、アメリカ当局に提出する前に、全ての申請書の正確性と完全性をチェックします。誤差に気付いた場合は、不必要な拒否を防ぐために直ちにご連絡いたします。

申請が承認されると、電子メールで確認が届きますので、ESTA (エスタ)ステータスを常に確認する必要はありません。

このサービスには、選択されたパッケージに応じて49.90ユーロからの料金がかかりますが、この料金には米国当局の費用がすでに含まれています

ESTA (エスタ)拒否―お金は戻ってきますか。

ESTA (エスタ)申請をアメリカ当局に提出した場合、拒否された場合、処理料金は差し引かれます。

ただし、 esta-online.jp でESTA (エスタ)を申請し、プレミアムまたはファーストクラスのサービスを洗濯した場合、拒否された場合は全額返金されます!

ESTA (エスタ)の割引はありますか。

この手数料は支払う必要があり、申請者の経済状況には左右されません。グループアプリケーションの割引もありませんー全ての人が支払う必要がありますーまたは価格を下げるためのクーポン。

ESTA (エスタ)の支払い方法は何ですか。

ESTA (エスタ)ビザをオンラインで申請する場合、ESTA (エスタ)料金を支払う必要があります。渡航認証は、支払いが受領された後にのみ処理されます。アメリカ税関国境警備局の公式ウェブサイトでの支払いは、クレジットカードまたはPayPalでのみ行うことができます。

旅行代理店の予約んの場合、料金は旅行代理店の共同クレジットカードを使用して支払うこともできます。親族や友人などの第三者が支払いを行うこともできます。

ESTA (エスタ)のグループ申請の場合、申請者全員をまとめて支払い手続きを完了できます。

esta-online.jp でESTA (エスタ)を提出する場合は、次の支払い方法から選択できます。

  • クレジットカード
  • PayPal
  • アッペルペイ
  • Sofort

ESTA (エスタ)の更新にはいくらかかりますか。

といどき既存のESTA (エスタ)を変更しなければならない旅行者。アメリカでの住所変更―手数料を支払う必要はありません。ESTA (エスタ)の更新は無料です!

ただし、個人情報を変更する必要がある場合は、新しいESTA (エスタ)を申請する必要があります。以前のESTA (エスタ)が承認されていた場合、新しいESTA (エスタ)の申請に問題はありません。

新しいESTA (エスタ)を申請し、以前のESTA (エスタ)がまだ有効である場合は、有効なESTA (エスタ)をすでに持っているというメッセージを単に無視してください。新しいESTA (エスタ)を申請することを確認するだけです。承認されるすぐに、古いESTA (エスタ)は削除されます。

安全のために、新しいESTA (エスタ)を印刷して、アメリカ入国時に携帯してください。

ESTA (エスタ)の修正にはいくらかかりますか。

esta-online.jp経由でESTA (エスタ)申請書を記入する際に間違いやタイプミスを犯し、私たちから承認を受けた直後にこれに気付いた場合は、すぐにご連絡ください!

すでにアメリカ当局の手数料が含まれている25ユーロのサービス料金で、新しいESTA (エスタ)申請書を提出し、間違ったバージョンを削除します。

エントリーごとに費用を支払う必要がありますか。

ESTA (エスタ)の費用は、入国ごとではなく、申請ごとに支払う必要があります。承認されたESTA (エスタ)を取得すると、一度に最大90日間アメリカに滞在することができます。また、カナダやメキシコなど近隣諸国からの再入国もこの期間は問題ありません。

ESTA (エスタ)の有効期限は、基本的に2年またはパスポートの有効期限のいずれか早い方です。

ブルネイとハンガリーからの旅行者には例外がある。この場合、ESTA(エスタ)許可証の有効期間は2年間ではなく、1年間のみとなる。また、ハンガリーからの渡航者は、米国を訪問するたびに個別にESTA(エスタ)を申請し、申請手続きの際にハンガリーの出生証明書を提示する必要があります。

クレジットカードなしESTA (エスタ)を支払うことはできますか。

はい、クレジットカードなしでESTA (エスタ)を支払うことができます。公的期間は、クレジットカードによる支払いに加えてPayPalを提供しています。esta-online.jp でESTA (エスタ)申請書を提出する場合、他の支払いオプションが利用可能です。

PayPalでESTA (エスタ)を支払うことはできますか。

当初、手数料はアメリカ当局にクレジットカードでしか支払われませんでした。それまでの間、ESTA (エスタ)あ申請をPayPalで支払うことができます。

今すぐ申し込む